薄毛の人にメタボが多い理由

薄毛の男性という言葉から想像するその外見は、小太りで、ぽっこりとおなかが出た、いわゆるメタボ体型でしょう。

この薄毛とメタボの同居は、単にイメージだけではなく、実像であるようです。

最近、男性型脱毛症の人たちは、心臓の病気、糖尿病、前立腺肥大、さらに前立腺がんなどを引き起こすリスクが高いことがわかってきました。

35歳未満の早期に起こってくる男性型脱毛産は、インスリンの働きが低下するインスリン抵抗性(糖尿病の前段階)の発症の指標になることも報告されました。

インスリン抵抗性を持つ人は、時間の経過とともに、肥満、高脂血症、さらに高血圧などの生活習慣病を合併してきます。

男性型脱毛症を引き起こす物質は、男性ホルモンであるテストステロンが、毛根の5α-リダクターゼという酵素により変化したジヒドロテストステロン(DHT)という物質です。

テレビのCMでおなじみの男性型脱毛症の治療薬であるフィナステリド(商品名プロベシア) は、この酵素の働きを阻害してDHTを減らし、男性型脱毛症の進行を抑制します。

前に述べたように、男性型脱毛症が、生活習慣病や前立腺の病気の発症のリスクファクターであるので、プロペシアの投与は、薄毛の改善のみならず、生活習慣病の改善にもつながる可能性があります。

 

事実、30歳以前に発症した男性型脱毛症の患者さんたちにプロペシアを1年間投与すると、これらの患者さんの糖代謝やインスリン抵抗性が改善したことが報告されています。

このように、男性型脱毛症は、単に外見上の問題ではなく、生活習慣病や前立腺肥大・がんの発症と関わっていることがわかってきており、体の内部からの男性型脱毛症の治療は、健康維持にもきわめて重要であると言えます。

薄毛治療は、実は、メタボ治療でもあるのです。

なぜ、男性型脱毛症が、これらの病気の発症と関わるのかは、後の男性型脱毛症が起こる仕組みの解説のところで述べます。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ