薄毛ブルーを知っていますか?

マリッジブルーやマタニティブルーという言葉に象徴されるように、心身の環境の大きな変化により、気分が落ち込むことがあります。

薄毛も、大きな身体の変化といってよいでしょう。

毛髪が少ないということは、まず外見上の不利益となることは誰しも感じることです。

このことは、洋の東西を問わず、昔から感じられていたようです。

カツラは、古代エジプトのミイラと共に見つかっています。

古代エジプト人が、カツラを、儀式的な理由、もしくは薄毛を隠すための個人的な理由のどちらによりつけていたかはわかりません。

しかし、薄毛を隠す目的があったであろうことは、想像に難くないでしょう。

薄毛(脱毛)が、人の精神状態に及ぼす影響を調べた研究結果があります。

それによると、脱毛は、精神的な劣等感、不安定性、さらに自信の喪失の形成に寄与していること、また、薄毛の改善は、精神的状態の改善を通して、より質の高い社
会生活の達成に重要であることなどが示唆されています。

このような、薄毛に伴う精神的な落ち込みは、薄毛ブルーと呼べるかもしれません。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ