薄毛解消にはラズベリーたっぷりのフランボワーズ

カカオたっぷりのチョコと共に、薄毛の人たちへおすすめしたいデザートが、木イチゴ(ラズベリー)を使ったお菓子です。

ラズベリーの、あの甘い香りは、ラズベリーケトンという物質が発する香りです。

このラズベリーケトンの構造式が、カプサイシンの構造式に一部似ていることから、ラズベリーケトンにもカプサイシン同様、知覚神経を刺激して、IGF-Iを増加させる作用があるのではないかと考えられました。

実験を行ったところ、ラズベリーケトンは、知覚神経を刺激する作用を持ち、皮膚に塗布すると、皮膚と毛根のIGF-Iを増やして、育毛を促進することがわかったそうです。

実際に薄毛の男女10人にお願いし、頭部にラズベリーケトンを5か月間塗布してもらうと、その半分の人たちに育毛効果が認められたとのことです。

また、5人の女性の顔に、ラズベリーケトンを2週間塗布してもらうと、頬の肌弾力性が増加しました。

このようにラズペリーの甘い香り成分に、知覚神経を刺激して、IGF-Iを増やす作用があることがわかりましたので、食べても胃の知覚神経を刺激して、毛根を含む全身のIGF-Iを増やすことが期待されます。

フランス料理のデザートワゴンから、チョコたっぷりのラズベリーのケーキを見つけたあなた、ちょっと気取ってフランス語で、「フランボワーズ・シルヴプレ(木イチゴのお菓子をお願いします)」と言って、それを指さしてお取りください。

誰もその選択の深い理由には気づかないでしょう。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ