育毛には軽めの運動

育毛を行ううえで、活用したいのが、インスリン様成長因子であるIGF-Iであることは、すでに述べてきましたが、このIGF-Iは運動をすることでも増えることがわかっています。
IGF-Iは知覚神経を刺激することで増えますが、運動をすることで血糖値が正常な状態を維持した状態は、知覚神経が正常に働くうえで必要な条件なので、運動=IGF-Iの増加とつながるのです。
また、運動することで筋肉量が増えると、特に下半身の筋肉量が増えると体全体の血流量が増えるので、血行が良くなり、頭皮までしっかり栄養が行き届くようになり、育毛に繋がります。

逆に運動をしない場合、血糖値を下げるインスリンの作用が低下しますので、血糖値が高くなり、知覚神経の働きが鈍くなってIGF-Iの量が減るため、育毛するには適さない体内環境となってしまうのです。

ただし、だからといって過剰な運動をするのも育毛には逆効果。
過剰な運動は心臓をはじめとする体内の臓器や筋肉に過大な負荷をかけ、交感神経が活発になったり、臓器に血液を供給するため頭皮まで血液が回らないといった頭皮の血行不良を招くからです

育毛に最適な運動はウォーキングなどの軽い有酸素運動で、軽く息がはずむ程度、会話しながら出来る程度の軽負荷な運動を1時間程度することです。

しかしながら、どうしても激しい運動をしなければならない方もいると思います。
そういう人は、当サイトで紹介しているレーザーや育毛剤を上手に活用して、運動によるデメリットをカバーするようにしましょう。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ