薄毛にならないシャンプー&ドライヤーの方法

薄毛を改善するために、育毛効果のあるシャンプーを使うことはもちろん効果がありますが、シャンプーそのもの以外にも、シャンプーの方法や、ドライヤーでの髪の乾かし方によっても、育毛の効果に差が出てきます。
そこでここでは、薄毛にならないための、正しいシャンプー&ドライヤーの方法についてお話ししようと思います。

シャンプー前の準備

シャンプーをするときに、髪をシャワーでさっと濡らしてすぐシャンプーという人が多いと思いますが、それでは髪の毛や頭皮に負担がかかってしまい、逆に薄毛の原因となりかねません。
なので、シャンプー前になるべく髪や頭皮に負担がかからない状態にしておくことが大切です。

まず、お風呂に入る前か髪を洗う前に軽くブラッシングして、絡んだ髪の毛を解いておくと、シャンプーの際の指どおりが良くなり、髪の毛や頭皮に余計な負担がかからないようになります。
また、シャンプー前にシャワーで髪や頭皮の汚れを洗い流すようにしておくと、シャンプーの洗浄効果がより発揮されて、頭皮の毛穴までスッキリするようになります。

シャンプーの際の注意点

シャンプーをするときは、シャンプーボトルから出したシャンプーをそのまま髪の毛につけて泡立てるのではなく、手に出したシャンプーを手の中で泡立ててから頭皮につけるようにしましょう。
シャンプーの原液は頭皮にはちょっと刺激が強すぎますので、泡立った状態で頭皮や髪の毛に触れさせることで、マイルドな刺激で洗浄できるようになります。

また、シャンプーする際は、指の爪ではなく、腹で頭皮をマッサージするように洗って、頭皮を柔らかくほぐすようにしましょう。

すすぎは、シャンプーが髪の毛に残らないように、シャワーを髪の毛の流れに逆らうように当てて、しっかりするようにしましょう。
先ほども言った通り、シャンプーの刺激は思っている以上に強いので、頭皮が荒れるなど、髪の毛に残ると育毛には逆効果となってしまうことがあります。

髪の毛の乾かし方

お風呂上がりに髪を乾かすとき、大体の人はドライヤーの強風でなるべく早く乾かそうとすると思います。
しかし、髪の毛と頭皮にとって一番いい乾かし方はタオルドライ+自然乾燥です。
でも、髪の毛が渇くまで待ってられないという人も多いと思うので、ドライヤーを使って乾かす際は、なるべく髪から離して、髪にまんべんなく温風が行きわたるようにして、自然乾燥に近い形で乾かしてあげるようにしましょう。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ