亜鉛は髪の成長に欠かせない栄養素です

亜鉛は,私たち人間の体にも微量ながら含まれている「必須微量元素」の一つで、鉄の次に多く体内に存在します。
亜鉛は非常に微量ながら体内で非常に重要な役割をいくつか持っており、そのうち主なものは以下の通りです。

  • 酵素の構造形成および維持
  • タンパク質の合成
  • 免疫の活性化
  • 味覚への関与
  • インスリンの生成や機能への関与

この中で育毛に関わる役割は、「たんぱく質の合成」です。
髪の毛の主要な成分はケラチンというたんぱく質であるため、体内で亜鉛が不足するとケラチンの生成も正常に行われなくなり、髪の毛がちゃんと生えてこなくなってしまうんですね。

そんな亜鉛は1日当たり10mgも摂れば十分なのですが、亜鉛の多い食品の代名詞「牡蠣」だと100g程度、およそ5個分に相当します。
しかし、毎日牡蠣を食べるというわけにもいかないので、納豆やチーズ、タマゴといった亜鉛を比較的多く含む食品を毎日の食事に取り入れましょう。
ただし、亜鉛の取りすぎは鉄分不足という副作用を生んでしまうので、1日あたり30mgを超えないように注意してくださいね。

また、亜鉛が不足すると薄毛以外にも様々な問題が発生します。

  • 味覚障害
  • 精子の減少
  • 無月経
  • 貧血 etc…

このような深刻な症状が出る前に、亜鉛不足を把握したいので、以下のような症状を実感したら一度亜鉛不足を疑ってみて下さい。

  • 肌荒れ・シミが目立つようになった
  • 爪が変形したり・変色したりするようになった
  • お酒に弱くなった
  • 風邪をひきやすくなった

亜鉛は、通常の食生活に置いてなかなか不足することのない栄養素ですが、それが不足するということは、かなり偏った食生活をしていることが疑われます。
亜鉛不足かなって思ったら、まずはファーストフードやコンビニ弁当といった食事を辞めて、自炊に切り替えるなどの対策から初めて、育毛にいい食生活をしてくださいね。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ