過度のアルコールで薄毛になる

仕事帰りの一杯、スポーツをした後の一杯、体に沁み渡る美味しさは止められないですよね。
でも、美味しいからって飲みすぎるとアルコールは薄毛の原因になってしまします。

頭皮が油っぽくなる

アルコールを飲むことによって頭皮から皮脂が過剰に分泌され、油っぽくなるのには、2つの要因があります。
まず1つ目は、お酒に含まれる糖質による影響です。
お酒の原料は米や麦といった穀類、ブドウなどの果実を原材料とし、砂糖を使うこともあります。
したがって、お酒は思っている以上に糖質を多く含んでいて、大量にアルコールを飲んだ場合、体の中は糖質過多の状態になります。
そうすると、体の中で余ってしまった糖質は、脂肪に形を変えて、血中に溢れ、ドロドロ血になったり、血液に運ばれて頭皮から皮脂として分泌されるようになります。

また、アルコールにはビタミンB2の吸収を阻害する働きがあります。
ビタミンB2は肌の代謝活動に欠かせないため、不足すると肌の老化が進むとともに、皮脂の分泌量がコントロールできなくなり、過剰な皮脂の分泌を抑制できなくなります。

以上の2点の相乗効果によって、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、正常な発毛を阻害することによって薄毛が進行してしまうのです。

髪の毛の原料が不足してしまう

髪の毛がたんぱく質から作られているということはご存知かと思います。
そしてこのたんぱく質は肝臓で生成されるため、アルコールを過剰に摂取して肝臓に負担をかけることは、たんぱく質の生成に支障をきたします。

さらに、このたんぱく質は十数種類のアミノ酸で構成されていて、そのなかでも特に多くの割合を占めるのが「システイン」です。
ただし、このシステインというアミノ酸は髪の毛の原料としてだけでなく、アルコールを飲んだ時に体内に発生する有害物質である「アセトアルデヒド」を無害化する際にも使われるため、アルコールの過剰摂取はシステインの減少、つまり髪の毛の原料の減少に繋がります。

また、アセトアルデヒド自体もデヒドロテストステロンという脱毛に関わるホルモンを増やす働きがあるため、システインの減少は2重に薄毛の原因となってしまうのです。

ただし、適量なら大丈夫

これまでアルコールの過剰摂取による薄毛についてお話してきましたが、アルコールの摂取が絶対にダメということではありません。
アルコールを適量摂取することが健康に良いことは知られていますが、適量の摂取は髪にもよく、またアルコールを我慢することによるストレスも髪には良くないので、適量であればアルコールは摂取しても問題ありません。

適量のアルコールが血行を良くすることは知られていますし、焼酎には血液をサラサラにする働きが、ワインなどに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があります。

髪の毛のために、過剰なアルコール摂取を避け、たしなむ程度に楽しく飲むのがいいんですね。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ