シメのラーメンで薄毛にまっしぐら

ラーメンってなんであんなに美味しいんでしょうかね。
特にお酒を飲んだ後は吸い込まれるようにラーメン屋さんののれんをくぐってしまいませんか?
でも、今回はそんなシメのラーメンには薄毛になる危険がたくさん潜んでいるというお話をしたいと思います。

ラーメンには塩分と脂肪がいっぱい

塩分や脂肪が薄毛に繋がるという話は、これまで当サイトの「薄毛になる食事」カテゴリーの中の、「」や「ファーストフード」でお話してきました。
ラーメンの原料には塩、醤油、背あぶら、というように塩分や脂肪分がたっぷり使われています。

さらにラーメンを食べたくなるということは、結構多くのアルコールを飲んでしまっていることと思いますが、「過度のアルコール」も薄毛の要因ですので、シメのラーメンを食べたくなった時点で薄毛への危険信号が灯っていると考えていいでしょう。

また、シメということはそれ相応に遅い時間の食事ということになります。
寝る直前の食事というのは、体に脂肪として蓄積されやすく肥満に繋がることは、もはや説明不要でしょう。
そうして出来上がったメタボ体型が薄毛に繋がることも、「薄毛とメタボ」でお話しした通りです。

睡眠不足は薄毛に繋がる

お酒を飲んだ後、シメのラーメンを食べたために終電ギリギリ、もしくは終電を逃して朝まで漫画喫茶やファミレスで時間をつぶしたから翌日寝不足、なんてことが結構あるのではないでしょうか。
睡眠している時間は人が起きていた間に体に溜め込んだ疲労や痛めてしまった部分を回復させるため、そして体を成長させるために絶対に欠くことのできない時間帯です。
この時間が少ないということは、体は少ない時間で何とかしようとするので、やることに優先順位をつけてしまいます。
つまり、疲れたり傷ついたりしている部分の回復を優先して、髪の毛の成長のような人体にとって優先度の低いものは後回しにされます。

睡眠不足になると、毛は生えてこないということです。

以上、シメのラーメンが薄毛に繋がるというお話をしてきましたが、いかがでしたか?
お酒を飲んだ後、誘惑に負けてラーメンを食べてしまうのか、それともまっすぐ帰ってしっかり寝るのか。
その決断が、あなたの髪の毛が生えてくるのか、薄いままなのか決めてしまうんですよ。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ