コーヒーの飲みすぎは薄毛になる?

当サイトではコーヒーの育毛効果として「アメリカンコーヒーの育毛効果」という話をさせていただいておりますが、「過ぎたるは及ばざるが如し」という言葉があるように、コーヒーは飲みすぎると薄毛に繋がる可能性が指摘されていますので、その点についてお話ししたいと思います。

カフェインの摂りすぎは禁物

カフェインは適量であれば、血行を良くするので毛根に血液が良く届き、育毛に繋がります。
しかし、摂りすぎると「覚せい作用」が強く出て眠れなくなり、睡眠不足になってしまいます。
睡眠は人が成長をするために欠かせないもので、睡眠不足は髪の毛に限らず人の成長のすべてに対して妨げとなります。

したがってコーヒーを1日に5杯以上飲むような方や、夜コーヒーを飲むような方で眠れないなーと感じている方は、コーヒーを別のノンカフェインの飲み物に変えてみると、薄毛の進行が遅くなると思います。

コーヒーは亜鉛の吸収を阻害する

亜鉛が育毛に効果があるという話は当サイトの中で「亜鉛は髪の成長に欠かせない栄養素です」というタイトルでお話しさせていただいておりますが、コーヒーに含まれる「タンニン」という成分は、亜鉛が体内に吸収されるのを阻害する働きを持っています。

したがって、コーヒーをたくさん飲む人や、食前食後にコーヒーを飲まれる方は、亜鉛が不足して薄毛になってしまう可能性があります。
薄毛が気になる方や、今後薄毛になるのが不安な方は、コーヒーを飲みすぎないようにして、食前食後は別の飲み物に変えるようにしてみるといいでしょう。

コーヒーは体を冷やす

当サイトでは育毛に繋がる食事として「おなかを温めると頭も温まる」、薄毛に繋がる食事として「お腹が冷えると頭も冷えて薄毛になる」という話をさせていただきましたが、コーヒーは体を冷やす食品として位置づけられています。

ホットコーヒーを飲むと体が温まる感じがしますが、漢方やマクロビオティックの考え方で行くとコーヒーは体を冷やす「陰」の食品であり、利尿作用などによって逆に体を冷やしてしまいます。

冷えに悩まれている方でコーヒーをよく飲まれる方は、違うの飲み物に変えると冷えの解消とともに薄毛の改善に繋がるかもしれません。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ