育毛には適切な睡眠が必要です

人は起きている間に食事をとったり体を動かしたりして、寝ている間に食事から摂った栄養を体中に送ったり、疲れた体を休めたり修復したり、そして成長させたりします。
髪の毛についても、夜寝ている間に血液によってたんぱく質をはじめとする栄養が毛根に運ばれ、髪の毛の成長を促すホルモンが多く分泌されます。

皆さんも「若返りホルモン」または「成長ホルモン」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。
アンチエイジングを特集したテレビ番組などでよく出てくる言葉ですが、体の成長や代謝などに関わるホルモンで、睡眠中により多く分泌されます。
夜の9時頃から深夜の3時頃にかけて多く分泌されるため、この時間帯を「ゴールデンタイム」と呼び、こに時間帯に寝ることがアンチエイジングに繋がると言われます。
しかし、実際にはゴールデンタイムと他の時間帯の成長ホルモンの分泌量の差はそこまで極端に違わないので、無理にこの時間帯に寝なければいけないというわけではありません。

育毛に関していえば、このゴールデンタイムに寝られることにこしたことはありませんが、無理やりこの時間に寝るくらいなら、毎日規則正しく同じ時間に寝て7~8時間後に起きればそれほど効果に差は出ないと思います。

人の体は規則正しい生活を送ることで正常に機能するようにできています。
ホルモンの分泌も毎日同じ時間に寝ることで本来出るべき量がちゃんと分泌され、不規則な睡眠では、たとえゴールデンタイムに寝たとしても成長ホルモンが多く分泌されなくなってしまうのです。

育毛の効果を少しでも早く実感したいのであれば、まずはご自身の睡眠習慣を見直して、毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きるようにしましょう。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ