ストレスを上手に発散して薄毛を予防

現代社会はストレス社会と揶揄されるほどストレスが溢れかえっています。
仕事が激務、ご近所の人間関係、将来の不安など様々なストレスがあなたを襲い、そして髪の毛を襲います。

ストレスが髪の毛にダメージを与え、薄毛にしてしまう理由の1つとして、自律神経の乱れがあります。
自律神経とは、循環、消化、発汗・体温調節、内分泌機能、生殖機能、および代謝といった、自分の意志ではコントロールできない部分を調整する機能7をもつ神経系のことを総称したものですが、ストレスによってこの自律神経に乱れが生じると、当然循環や消化といった部分も上手く機能しなくなるわけです。
髪の毛に関して言うと、循環の機能、すなわち血液の流れが悪くなって頭皮に十分な栄養が行きわたらなくなること、代謝異常により、頭皮の皮脂の過剰分泌により毛穴がふさがれてしまうといった悪影響が出るわけです。

また、ストレスはホルモンの分泌にも悪影響を及ぼします。
ホルモンは体の要求に応じて特定の器官で作られ、必要な場所に血液などによって運ばれ、到達した場所の受容体と結合して、その場所で要求された効果を発揮します。
ストレスによって免疫力が低下した人の体内では、実に多様な要求がなされ、ホルモンの過剰分泌などが起こってホルモンバランスが乱れます。
そうすると育毛に必要なホルモンの生成を体が要求してもホルモンが生成されないといった状況が起こってしまい、薄毛に繋がってしまうのです。

上記のようにストレスはあなたの健康だけでなく、育毛にとっても害でしかありません。
したがって、ストレスが溜まるような状況にはなるべく近づかないようにするべきなのですが、仕事やご近所づきあいなど、避けたくても避けられないというのが実情でしょう。
そんな状況にある方こそ、ストレスの発散にはもっとしっかり取り組むべきだと思います。

ストレスを発散するには、自分の好きなことをするのが一番です。
自分の趣味に没頭する、大好きな人と一緒の時間を楽しむといった幸せを感じられる時間をたくさん作れる人ほど、ストレスを上手に発散して、髪の毛もフサフサだという印象があります。
また、そういう趣味などが無い方や、独身の方などは、肉体的なアプローチからストレスを発散するのも一つの方法です。
スポーツをして汗を流す、温泉に浸かって汗を流すといったことで、ストレスを発散すると、健康にも良いので、一石二鳥です。

現代社会において、ストレスは溜まってしまうものですが、発散できるものでもあるので、その日のストレスはその日のうちに発散するようにして、あなたの健康と髪の毛をしっかり守ってくださいね。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ