喫煙による頭皮への悪影響について

喫煙はガンなどの病気の原因となることはよく知られていることであり、タバコを吸われている方もその点は健康診断などを通じてチェックされているかと思いますが、喫煙が薄毛にも影響しているということをご存じん方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか?
今回は、喫煙と薄毛の関係に関するお話です。

ニコチンが頭皮の栄養不足を招く

タバコの主成分であり、よく槍玉にあがるニコチンは,喫煙によって肺から吸収され血液中を循環しますが、この際、自律神経を介して交感神経節のニコチン性受容体を刺激し交感神経の興奮を起こし、血圧上昇を引き起こします。
このとき、血管は収縮してしまいますので、血行不良となり頭皮に十分血液が行き届かず栄養不足になってしまいます。

タバコはビタミンの無駄遣い

タバコを吸うとその成分を処理するためにビタミンを多量に消費します。

特にビタミンC、B、Eを多く消費してしまうので、喫煙者の方はこれらのビタミンが不足しがちになります。
ビタミンCは皮膚や血管を作るときに欠かせませんし、ビタミンB6はケラチンという髪の毛の基になるたんぱく質を作るのにかかせません。
ビタミンEには血管拡張作用があります。
どのビタミンが欠けても髪の毛の正常な成長を阻害してしまいます。

タバコを吸うと男らしくなります

アメリカのハーバード大学の調査などにより、タバコを吸うことで男性ホルモンが増えることがわかったそうです。
男性ホルモンはその名の通り男性をより男性らしくするホルモンなので、タバコを吸うほどに男らしくなれるというわけですが、男性ホルモンが薄毛を招くということは、すでに「薄毛はセクシー」などでお話してきました。
男らしさと引き換えに薄毛を受け入れるかどうか、一度考えてみましょう。

禁煙すると薄毛になる?

「よし、タバコが髪の毛に悪いことはわかったから、禁煙しよう」と一念発起したまでは良かったけど、喫煙した途端抜け毛が増えるといった人も多く見かけます。
髪の毛に悪いタバコを止めたのに髪の毛が抜けてしまうのは、ストレスが原因です。
タバコを吸いたいという衝動を抑えるというストレスに髪の毛が負けてしまっているのですが、タバコを吸っても薄毛、止めても薄毛では八方塞がりですよね。
そこで大事なのはストレスを感じないように禁煙するということ。
いきなり吸わないようにしてストレスを感じるようなら、徐々に本数を減らす、電子タバコやニコチンパットなどを利用してストレスを感じないようにするといった方法を試してみましょう。

以上、タバコと薄毛の関係性についてお話してきましたが、いかがでしたか?
一番いいのは、始めからタバコを吸わないということ。
タバコを吸ってみたいという衝動にかられたとき、一度自分の頭皮と相談してみることをおススメします。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ