育毛に繋がる帽子の被り方

薄くなった髪の毛を隠すために帽子を被っているという方もいらっしゃいますが、逆に蒸れて毛が抜けてしまうとあえて被らないという方もいるでしょう。
しかし、帽子も被り方によっては頭皮にいい影響を与え、育毛に繋がりますので、そんな帽子の被り方を紹介したいと思います。

夏は紫外線防止のために帽子を被りましょう

頭は体の一番上にあるため、もっとも紫外線を浴びる部位です。
もともと髪の毛の量が多い女性はまだしも、髪の毛が短い方や薄い方は特に頭皮に直接紫外線が当たり、頭皮が傷んで髪の毛が生えにくくなってしまいます。
そこで頭皮に紫外線が当たらないように帽子を被って頭皮を守ることには、育毛の観点から効果があると言えます。
しかしながら、夏場の帽子は頭皮が蒸れて逆効果になるということもあるため、

  • 通気性の良い帽子を被ること
  • 室内など日の当たらない場所では帽子を取ること
  • 夜はしっかり頭皮をシャンプーして衛生を保つこと

ということを守って被るようにしてください。

冬は頭皮の血行を良くするために帽子を被りましょう

冬場は体も頭も冷えて血行が悪くなるので、頭皮に栄養が行き届かなくなり薄毛に繋がってしまいます。
マフラーやコートで体を暖めるように、頭皮も帽子で暖めてあげることで血行を改善し、栄養が行き届くようになります。
そこで冬場はニット帽のように保温性の高い帽子や、スーツにも似合うハットを被って問うお火を暖かく保つことで頭皮の育毛を促進させましょう。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ