日本人と欧米人のハゲの違い

1f0f87b7-s

上の図は薄毛の方の多い国を表示した地図ですが、上位を欧米各国が占め、日本はアジア最高の14位となっています。
こうしてみると、日本人はそれほど薄毛の人が多い国とは言えないのかもしれませんが、逆にネガティブなイメージが付きやすく、気にしてしまう人が多くなってしまうとも言えますね。
一方で欧米では、薄毛をポジティブにとらえたり、普通のことと捉える人もある程度いるので、日本ほど気にしないのかもしれませんが、絶対数が多いので、やはり薄毛を気にする方も多く、育毛商品の一大市場となっています。

ところで、欧米の人に薄毛の人が多いのは何故でしょうか?
これは後天的な理由が強く、偏った食生活が原因だと言われているようですね。
肉や塩分の多い食生活を送っていると、薄毛になってしまうということは当サイトの「薄毛になる食事」の中で度々でてきた話なので、ご存知の方も多いかと思います。
また、金髪のように光を通しやすい髪の色をしていることも、薄毛が目立ちやすい要因なのかもしれません。

一方、食生活については欧米寄りになったとはいえ、バランスが比較的良い日本人が薄毛になってしまうのも、やはり塩分が多めなのと、あとはストレスなどの心因的なものがあると言われています。
また、日本人をはじめとする東洋人の黒髪は薄毛になりにくく、欧米に比べて薄毛の人が少ないことが上記の地図からもわかるのですが、そのなかでも日本人の薄毛が多いのは、東洋人の中でも毛が太く、逆に本数が少ないことが要因だと言われています。
本数が少なく、太いので、同じ本数の髪の毛が減っても、他の東洋人より日本人の方が薄くなったことが目立ってしまうんですね。

ただし、禿げてしまう要因は欧米と日本で若干の違いはありますが、対処方法には違いはありませんので、当サイトの情報を参考に生活習慣を改善し、ランキングに掲載した育毛商品も活用して薄毛の解消を目指してくださいね。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ