ブロッコリーを食べると毛が生える?

ブロッコリーはアブラナ科の野菜で、アメリカでは健康の象徴として知られているお野菜です。
日本ではシチューや温野菜サラダの材料としてよく使われている野菜ですよね。
健康の象徴だけあって、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、葉酸などが豊富に含まれているほか、ビタミン以外にもスルフォニファン(抗がん作用)、アリルイソチオシアネート(血栓防止)、フィトステロール(コレステロール吸収を抑制)などが含まれているんですね。
このブロッコリーの成分の中で、育毛に効果があるとされているのが、「indole-3-carbinol(インドール3カルビノール)」という物質です。
この物質は摂取すると体内で、「3,3′-Diindolylmethane(ジインドルメタン)」という物質に変化しますが、ジインドリルメタンには、男性ホルモンの働きを抑制する作用がある、といわれています。
そう、薄毛の大敵男性ホルモンの働きを抑えてくれるので、育毛に効果的なんですね。

そして最近、さらにブロッコリーの育毛効果が明らかになりました。
実際にはブロッコリーではなく、ブロッコリーの新芽である「ブロッコリースプラウト」から見つかったのですが、近畿大学薬学部と「リーブ21」との共同研究により、育毛効果の認められる成分が発見されたそうです。
研究の結果、ブロッコリースプラウトのエキスを利用すると、毛乳頭細胞の増殖(約1.8倍)や、細胞分裂などを促進する因子やタンパク質の遺伝子発現を増加(約1.4倍)があることがわかったとのこと。
実用にはもう少し研究が必要かもしれませんが、最近はブロッコリースプラウトもスーパーなどで購入できるようになってきましたので、一足早く育毛効果を体験してみて下さい。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ