ビタミンAは育毛にも効果を発揮します

ビタミンAは脂溶性ビタミンといわれるビタミンの1つです。
ビタミンというと野菜から摂るというイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、脂溶性ということで動物性の食品に多く含まれるのがビタミンAの特徴で、レバーやウナギ、あなごなどに多く含まれています。
一方植物性の食品にはβカロテンという、人の体内でビタミンAに変わる物質が含まれており、モロヘイヤやシソ、そしてβカロテンを含む植物の代名詞の1つ、ニンジンなどに多く含まれています。

ビタミンAの主な働きとしては、皮膚や粘膜を正常に保つこと、視覚を正常に保つこと、人体の成長および分化に関与するということが挙げられますが、これ以外に育毛においても影響を及ぼすビタミンでもあります。
まず、植物性の食品から得られるβ-カロテンはビタミンAの前駆物質としてだけでなく、活性酸素を除去する抗酸化作用を持っています。
抗酸化作用が機能すると、体が酸化=老化するのを防ぐため、頭皮も若々しく保たれるため、加齢による薄毛を防ぐことに繋がります。
また、ビタミンAには皮膚を正常に保つ働きがあることは上に述べた通りです。
皮膚には当然頭皮も含まれますので、頭皮が正常な状態であることは育毛の基本中の基本ですから、ビタミンAが育毛に役立つと言えるのも当たり前と言っていいでしょう。

ただ、だからといってやみくもにビタミンAを摂取すれば良いというわけではありません。
動物性食品から摂取されるビタミンAは脂溶性のため、余分に摂取した分が体内に蓄積され、頭痛を始め、吐き気、発疹、脱毛、筋肉痛、疲労感などの急性毒性や慢性毒性の症状を引き起こすことがあります。
また胎児に奇形の発生率が高くなることがある、ということもわかっていますので、気を付ける必要があります。
一方で、植物性食品に含まれるβカロテンは、体内で必要な量だけビタミンAとなるので過剰症の心配はないですから、不安な方は植物性の食品からビタミンAを摂るようにしてくださいね。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ