育毛商品によく使われている成分:グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kはグリチルリチン酸ジカリウム、グリチルリチン酸二カリウムとも呼ばれ、マメ科の甘草(カンゾウ)の甘み成分である「グリチルリチン」の誘導体です。
水に溶けやすく、すぐれた抗炎症作用・抗アレルギー作用を持つことが知られており、医薬部外品原料規格や日本薬局方外原料規格に収載された成分なので、非常に多くの医薬品や化粧品で利用されています。
医薬品としては慢性肝炎、抗アレルギー薬、風邪薬などに使われ、化粧品としては保湿クリームや石鹸、シャンプーなどに使用されています。
また、甘みが強いことから、醤油、漬物、水産加工食品などに甘味料として使われることもあります。

育毛剤に配合される場合、最も期待される効果は抗炎症作用で、頭皮に塗布することで炎症を防ぎ育毛に適した頭皮環境を保つことにあります。
グリチルリチン酸2Kは薬事法で育毛剤などに配合される量が規制されているため、効果が穏やかになりますが、その分副作用の心配がありませんので、長期的に使用して、育毛効果を保つ利用に向いていると言えます。

またグリチルリチン酸2Kには高い殺菌作用がありますので、頭皮の菌の繁殖を防ぐとともにフケやかゆみといった症状の改善にも期待が持てます。
フケやかゆみの防止を謳ったシャンプーなどにもよく配合されていますので、一度お使いのシャンプーの原料を見てみてはいかがでしょうか。

グリチルリチン酸2Kは身近な化粧品や食品で良く使用されているため、容量さえ守っていれば安全な成分です。
お使いの育毛剤にも使用されているようでしたら、安心してお使いいただけるのではないかと思います。

 

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ