育毛商品によく使われている成分:ヒオウギ

ヒオウギ(檜扇)はアヤメ科アヤメ属の多年草です。
名前が示すように葉は長く扇状に広がっていて、平安貴族の持つ檜の扇に似ていることが名前の由来となっており、花被片はオレンジ色で赤い斑点があり放射状に開きます。
花が非常に美しく、生花店でも販売されていますが、特に京都では祇園祭に欠かせない花として愛好されています。

漢方や生薬に用いられるのは主にヒオウギの根茎で、皮膚癬菌に対する抗菌作用があるとされています。
ヒオウギの主成分はベラムカンジン、イリジンなどのイソフラボンおよびその配糖体で、イソフラボンは、女性らしいラインの身体や美しいお肌・髪を作るために欠かせない女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きを持つことが知られています。

生理的な老化現象、体毛の成長、皮脂腺の活性など皮膚に生じる多くの生理現象が、ホルモンの影響を受けています。
特に女性ホルモンの維持は、老化を防ぐために重要で、エストロゲンは皮膚においては繊維芽細胞に働きかけ、ヒアルロン酸やコラーゲンの合成を促して、肌の弾力性、潤い、ハリを取り戻します。
ヒオウギに含まれるイソフラボンはこのエストロゲンと分子構造が非常に似ていて、同じ働きをしてくれると期待されています。

また、これ以外にも活性型男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」によって発毛が阻害されて起こる男性型脱毛症(AGA)に対し、ヒオウギエキスには5αリダクターゼの生成を抑制する作用があるので、DHTを減らして脱毛を防ぐ効果が期待できます。

さらに、紫外線や環境ストレスの影響によって生成が促進されるMMP-1は、体内のコラーゲンを分解してしまい、頭皮の老化が加速し抜け毛などを引き起こす一因になりますが、ヒオウギエキスにはこのMMP-1の生成を抑制する作用があり、頭皮のうるおいを維持し、抜け毛を防ぎます。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ