育毛商品によく使われている成分:M-034

M-034と聞いて「ああ、あれね」とすぐにわかる方は、かなり薄毛のベテランさんでしょう(笑)
あまりなじみのない名称の育毛成分ですが、知名度が高い育毛成分の1つであるミノキシジルと同じ効果が期待できる成分として、注目を集めている成分です。
同様に育毛成分として有名なフコイダンと同じ、昆布やワカメなどの海藻類やもずくといった褐藻類が原料となっていることからも。高い効果を期待せずにはいられないですね。

M-304の特徴としては、

  • 血管新生を促し育毛を助ける血管内皮増殖因子(VEGF)の生成
  • 毛髪の退行を誘導するFGF5を阻止する退行期誘導因子(FGF5S)の生成
  • 髪の毛の元となる毛包の増殖を促進させるため
  • ヒアルロン酸と同等の保湿力があり、脱毛を加速させる頭皮の乾燥や肌荒れを防ぎ

というものが挙げられ、その効果の確かさから厚生労働省認可を受けています。

同様の効果があるとされるミノキシジルと飲み薬のプロペシアは、医師の処方が必要、副作用の心配がある、高いといったデメリットがありますが、M-034はそれらのデメリットが無く、安心して使用できるというのも嬉しいですよね。
特に肌が弱く、刺激の強い育毛剤を使うと炎症などを起こして余計に薄毛が進んでしまうというような方にとって、海藻の成分であり低刺激のM-304は待望の育毛成分と言ってもいいのではないでしょうか。
海藻が髪に良いというのを実感できる成分ですね。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ