ヘアカラーと薄毛に関係はない?

ヘアカラーのしすぎで薄毛になったと言う人を良く見かけます。
一方で、いくつになっても髪を染めているのに髪の毛がフサフサと言う人も結構います。
いったいヘアカラーは薄毛の原因なのか、それとも関係ないのか、どちらなのでしょうか。

ヘアカラーとは、染毛料やブリーチなど髪の色を変化させるものの総称です。
染毛製品には、永久染毛、半永久染毛、一時染毛があり、永久染毛は酸化染毛ともいい、染料が毛髪に浸透し、内部で結合して発色・染着するため色が落ちにくくくなる一方で、アレルギー反応を確認するためのパッチテストが義務付けられているくらい、肌への刺激が強いです。
一般的にヘアカラーと言えば、この永久染毛のことを指します。
半永久染毛にはヘアマニキュアやカラーリンスなどがあり、色素を髪の表面付近に浸透・染着させます。
シャンプーの度に徐々に薄くなっていきますが、髪を傷めず、パッチテストの必要もありません。
一時染毛にはカラースプレー、カラーマスカラなどがあり、毛髪内部に浸透しないため、シャンプーで色が落とせます。

結論から言うと、ヘアカラーは直接的には薄毛には関係ないようです。
それどころか、髪を少し茶色くするだけで、頭皮とのコントラストが小さくなりますので、薄毛が気になりにくくなるという効果が見込めます。
というのも、上記の説明の通り、ヘアカラーは毛髪内に染料を浸透させているだけなので、頭皮や毛根へは影響を与えないからです。
したがって毛根には直接影響を与えないため、薄毛とヘアカラーは無関係と言えます。
ただ、ヘアカラー後はちゃんとヘアケアしないとキューティクルが開いたままになり、髪が切れやすくなりますので、切れ毛が増えて全体的に薄くなったように感じることはあると思います。
それとヘアカラーの染料が頭皮に付着して炎症を起こして毛が生えにくくなるということが無い事もないですし、染料が毛穴に詰まれば毛が生えにくくなってしまします。
そして、それが続くようだと、薄毛になってしまう可能性は否定できません。
頻繁なヘアカラーは避けるように言われているのはそのためなんですね。

また、切れやすいからと言ってシャンプーをおざなりにしてしまうのも良くありません。
かといって、一日2回以上のシャンプーは髪と頭皮の負担ですから、1日1回、しっかり湯船につかり、毛穴を開かせてから髪を洗うようにしましょう。
シャンプーはよく泡立ててから頭皮につけ、頭全体を覆うように頭皮の皮脂をしっかり落として指の腹でマッサージしながら洗いましょう。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ