育毛に効果があるブラッシングの方法

ブラッシングと言うと、特に男性は髪の毛をセットするときくらいしかしないのではないでしょうか。
髪の毛が薄くなってくると、さらに「必要ないか」ということでブラッシングの機会は減ってしまうかもしれません。
しかし、ブラッシングはやり方によっては育毛効果を発揮する手軽な育毛法でもありますから、やって損はありません。
髪の毛に悩みを抱えている人ほど、実はブラッシングをした方がいいというお話をこれからしていきたいと思います。

まず、なぜブラッシングが育毛に効果を発揮するのかと言うと、ブラシを髪にかけることで、髪や頭皮に付着した抜け毛やほこり、汚れなどをある程度取り除いて、頭皮や毛髪の環境を整えることができるからです。
また、根元の皮脂を髪全体に届け、ツヤや潤いのある髪へと整える効果がある事も見逃せませんね。
さらに、頭皮を刺激することで頭皮の血行が良くなり、頭皮や髪に栄養が行き届きやすくなるため、髪の成長や生え変わりを促進することができます。
以上のような効果が望めるため、ブラッシングの習慣を上手に取り入れると育毛に繋がるんです。

ただし、「過ぎたるは及ばざるが如し」という言葉があるように、育毛効果の期待できるブラッシングも、やりすぎては逆効果になってしまいます。
ブラシで強く叩いたり、ひっかくようにブラッシングしたりすると、頭皮を傷つけてしまいますし、髪が絡まっているのにいきなり根元からブラッシングすると髪を抜いてしまう恐れもあります。
正しいブラッシング方法とは、やさしい力でまずは毛先をほぐし、髪の真ん中、根元とだんだんと奥へブラッシングしていくようにすることです。
そうすることで、髪や頭皮を傷めることなく育毛効果のあるブラッシングが出来るようになります。

また、これから育毛のためにブラッシングを取り入れていこうとお考えの方におすすめするブラッシングのタイミングは“シャンプー前”です。
シャンプー前にブラッシングをおこなうことで、汚れや余分な皮脂を浮かせてシャンプーの洗浄力をアップさせることが可能ですし、髪のもつれを防いでシャンプー中の抜け毛を予防する効果も期待できるからです。

「薄くなってしまった髪にブラッシングなんて必要ない」と思っていた人は、ぜひ一度試してみてください。
頭皮や毛髪の環境を清潔で健康的に整え、元気な髪を育てやすくなりますし、心地よい力加減でおこなえば、リラックス効果も得られ、薄毛の原因となるストレス解消にも役立ちますよ。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ