あなたの薄毛の根本原因はど~れだ?

髪の毛が薄くなり出すと、とにかく育毛しなくてはということで、育毛剤やシャンプーを使いだすという方が多いかと思いますが、そもそも自分はなぜ薄毛になりだしてしまったのか、その原因をちゃんと追究されている方と言うのは、意外に少ないようです。
当サイトとしては、育毛商品が売れてくれるのはありがたいのですが、原因に合った育毛方法でないと思うように結果が出ず、薄毛は進行し続けてしまいます。
そこでここでは、薄毛の根本原因をいくつか挙げていきますので、自身の薄毛の原因を突き止めるための参考にして頂ければと思います。

  • 原因1:男性ホルモン
    加齢とともに薄毛が進行してしまうAGAの原因として一番大きな要因とされているのが男性ホルモン。
    男性ホルモンの一種であるテストステロンが5リダクターゼという物質の作用でDHT(ジヒドロテストステロン)に変わってしまうことで、毛根に異常をきたし毛が抜けて生えて来なくなってしまいます。
    ここ最近の育毛剤はこのDHTの作用を防ぐことで薄毛を防ぐものが数多く発売されていますので、有効に利用してくださいね。
  • 原因2:遺伝
    おじいさんがハゲていると隔世遺伝で孫がハゲるなんてことが良く言われますが、もちろん遺伝と言うのは薄毛に少なからず影響があります。
    原因1に挙げた男性ホルモンの影響は誰しも起こり得るのですが、特に頭髪が男性ホルモンの影響を受けやすいかどうかというのは遺伝で決まると言われています。
    ただ、男性ホルモンの影響が頭髪に出やすいという傾向は遺伝しますが、遺伝だけで100%決まるわけではないので決して諦めてはいけません。
  • 原因3:ストレス
    仕事などのストレスで薄毛になる、10円ハゲが出来る、白髪が増えると言った話をよく聞くと思います。
    よく聞くということは、実際にそういう人が多いという事実があるからで、ストレスで薄毛になってしまうというのはけっして都市伝説などではないんですね。
    具体的には、強いストレスによってホルモンバランスが男性ホルモン優位に傾きやすくなり、緊張時に活性化する交感神経が優位になります。
    緊張時は血管収縮などが起こるため、血流が悪化しやすくなり、毛根に栄養が届きにくくなってしまい薄毛のリスクが高まってしまいます。
    したがって、この場合育毛商品を使うことも大事ですが、ストレスの原因から出来る限り遠ざかり、ストレスを無くすことが必要です。
  • 原因4:生活習慣・食事
    髪の毛が成長し、また生えてくるためには栄養が必要です。
    食事から十分なビタミン、ミネラルが摂取できないと、毛髪が生えにくくなってしまします。
    また、不規則な生活で体調が崩れれば、髪の毛だけ健康と言うわけにもいかず、不健康な頭髪=薄毛になってしまいます。
    後天的な理由で薄毛になってしまった人は、生活習慣を改めるだけで、薄毛が改善する可能性を秘めているということを忘れてはいけません。

いかがでしたか?
あなたの薄毛の根本原因を突き止めることが出来たなら、次はいよいよ自分に合った育毛商品で育毛を始めてください。
その節はぜひ、当サイト「育毛ランキング」にてお求めくださいませ(笑)

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ