1日1個の梅干しで髪の毛が生えてくる?

梅干しは古来より広く健康食として知られています。
ことわざでも梅干しの良さは語られており、

「梅はその日の難のがれ」
朝、梅を食べれば、その日一日、災難から逃れることができるということ。
「1日1粒の梅干で医者いらず」
1日一粒食べると体の疲れがスッキリ取れ、医者にかからずに済むということ

といったものがあります。

梅干しがこのように健康食品だと語られる最大の要因は豊富に含まれるクエン酸です。
クエン酸は、疲労物質である乳酸を水と二酸化炭素に分解して、体外へ排出する働きがあるほか、ブドウ糖が分解されるのを抑制し、乳酸そのものをエネルギーのもととなる物質へ変化させていく働きもあります。
そのため、クエン酸を摂取すると疲労を回復でき、体力が回復するので、健康食品として梅干しの評価がたかいんですね。

また、育毛と言う観点からクエン酸を見た場合でも、優れた効果を発揮することがわかっています。
髪の毛はタンパク質でできているので、育毛のために食事からたんぱく質を摂取する必要があるのですが、体内に入ったタンパク質はいったんアミノ酸に分解されてから髪の成分になるタンパク質に再度合成されます。
その際に必要となるのが亜鉛で、梅に含まれるクエン酸は亜鉛や鉄分などのミネラルを体内に吸収されやすくする働きがあるので、結果的に育毛に効果を発揮するということになります。

また、梅干しにはカリウムやリン、ビタミンA、B2、Cなども豊富に含まれているので、血液サラサラ効果があるほか、肝機能や心臓を強くし、胃腸を正常に保つので、育毛に必要な栄養を血液が頭皮にしっかり届けることができるため、抜け毛や白髪予防、育毛効果も望めるということです。

ちなみに、酸っぱい梅干しを食べると唾液が良く出ますよね。
この唾液には若返りホルモンとも言われている「バロチン」が含まれていて、体の代謝がよくなるので、育毛、発毛を促進することができます。

このように、育毛効果が望める梅干しですが、どんな梅干しでもいいというわけではありません。
もっとも育毛効果が望める梅干しは、なんの添加物も入っていない自分で漬けた梅干しで、スーパーなどで売っている梅干しは砂糖や蜂蜜、調味料などの添加物が含まれているものが多いため、逆効果にもなりかねません。
自宅で漬けるのが難しいという場合は、できるだけ梅と塩だけで漬け、天日干しして作られた本物の梅干しを購入するようにしてください。

明日からでもすぐに出来る育毛なので、日ごろ育毛商品を使って行っている育毛活動に加えて、朝1粒の梅干しを食べてみてはいかがでしょうか。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ