きな粉でフッサフサ

古くから健康食品として知られている「きな粉」。
薄毛にも効果を発揮するということが、実しやかに語られており、実際にきな粉を飲んで育毛効果があったという話もチラホラと見かけますね。

  • きな粉を食べ始めて2週間、髪の毛に力が戻ってきた感じ。安いし、ハゲにはきな粉。
  • きな粉をドバっと入れたのに黒蜜と牛乳混ぜたものを1日3回飲んでたら、抜け毛が減った。
  • 2週間、きな粉を無調整豆乳に入れて飲んだら、生え際が驚くべきスピードで復活した。

このような声があるわけですが、実際きな粉にはどのような効能があるのか、これから検証していこうと思います。

きな粉ってなに?

きな粉とは、大豆を炒って皮をむき、挽いた粉のことを指し、加熱により大豆特有の臭みが抜け、香ばしい香りになるので、お餅や和菓子に利用されることが多いですね。
きな粉には多くの蛋白質、食物繊維が含まれるほか、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、鉄などのミネラルも多く含まれていて、粉にすることで消化が良くなり、それらの栄養素を効率的に摂取することが出来るため、単なる食材の枠を超え、健康食品として摂取する人が増えています。

また、きなこには女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれており、大豆食品の中でもその含有量はトップクラス。
基礎代謝が上がるので、美肌など女性に嬉しい効果がもたらされます。

きな粉と薄毛の関係

きな粉に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモン様の働きを持つため、男性ホルモンの影響による薄毛(男性型脱毛症:AGA)に対する好影響が期待されます。
また、きな粉には亜鉛や銅といったミネラルが豊富です。
亜鉛はタンパク質を髪の毛用に「ケラチンタンパク質」に変えるのに欠かせない成分ですし、銅は、毛髪の色素であるメラニン色素をつくるために必要な、チロシナーゼという酵素の合成に欠かせません。
毎日きな粉を摂ることで、薄毛の予防だけでなく、髪の成長や白髪の対策も同時にできるため、きな粉を薄毛対策に利用する方が後を絶たないのでしょう。

きな粉の美味しい摂り方

きな粉はそのままではなかなか摂取できないので、一番飲みやすいのは牛乳に溶かして飲む「きな粉ミルク」ではないでしょうか?
コップ1杯の牛乳に大さじ1杯程度のきな粉を溶かして飲むだけだから、作るのも手間がかかりません。
ちょっと溶けづらいかもしれませんので、シェーカーを使ったり、ホットミルクにしてみたりするのもいいでしょう。
甘みが欲しい方は、はちみつや砂糖を加えると飲みやすくなりますよ。

手軽に始められますし、健康的な食品なので、気になる方は早速初めて見てください。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ