育毛にまつわる都市伝説を検証

薄毛に悩まれている方は藁にも縋る思いなのか、真偽のわからない都市伝説のような育毛対策にも手を出してしまうのではないかと思います。
そこでここでは、育毛に関するいくつかの都市伝説を検証し、実際に効果があるのかどうかを明らかにしたいと思います。

頭をたたくと毛が生える

薄毛になってしまう要因として、頭皮の血行不良があることは当サイトのランキングのページなどでも再三お話していることですが、この血行不良を改善する方法の1つとして「頭皮をたたく」ことが効果があると言われていますね。
実際頭皮をたたくためのブラシなどもあるようですし、某タレントさんは頭皮から出血するくらい刺激の強いブラシで頭皮をたたいていたようですね。

確かに、頭皮をたたくという行為は血行の改善に一定の効果はありますが、出血するほど叩くのはやりすぎです。
頭皮の血行を改善するのは、血液で頭皮に栄養を運んでもらうためなので、それが出血して外に出てしまったら意味がありません。
また、たたいて頭皮が炎症を起こしてしまったら、逆に薄毛が進行してしまう可能性も否定できません。
それだったら、頭皮をマッサージするだけでも十分血行は改善されるので、当サイトのランキングで紹介している育毛剤やシャンプーを使う際に頭皮マッサージするだけで十分だと言えます。
頭皮は叩きすぎないように気をつけましょう。

海藻を食べると毛が生える

ワカメなどの海藻を食べると育毛に良いというのは昔から語られている都市伝説ですよね。
海中で生えている様子や色が髪の毛を想起させるのか、今でも毎食海藻を食べているという方は多いようです。
確かに、海藻はミネラルが豊富なので、それを食べることで育毛をサポートしてくれる可能性はあります。
しかしながら、髪の毛の主成分はたんぱく質ですし、ビタミン等のサポートも必要となってくるので、海藻さえ食べていれば髪の毛が生えてくるというわけではありません。
結局は栄養バランスの良い食事というところに落ち着く話なので、海藻をせっせと食べるよりは、当サイトのランキングで紹介している育毛サプリを飲んだ方が育毛効果は高いと言えるでしょう。

シャンプーのし過ぎはハゲる

シャンプーをし過ぎると髪の毛に良くなので、2日に1回しか頭を洗わないという方も少なからずいるようですね。
確かに、頭皮が乾燥しがちの方や皮脂の量が少ない方は、毎日シャンプーしてしまうと頭皮が乾燥しすぎて炎症などの肌トラブルを起こす要因となります。
なので、シャンプーの回数を減らすことで頭皮の環境が良くなるという方もいるのは事実です。

ただし、それ以外の方はシャンプーの回数を減らしてしまうと、汚れや整髪料が頭皮に付着した状態が続くことになるので、逆に頭皮環境が悪くなって薄毛の要因となってしまいます。
ご自身の頭皮の状態に合わせて適切な回数のシャンプーをすることが大事なのであって、やみくもに回数を減らすということは避けた方がいいでしょう。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ