ウーロン茶にも育毛効果が発見された

本日、2016年3月26日(土)〜29日(火)に横浜市で開催される「日本薬学会第136年会」において、「抗男性ホルモン作用を介したウーロン茶エキスの育毛効果」という発表が行われます。
発表するのは毛髪クリニック大手のリーブ21。

リーブ21がウーロン茶の育毛効果について評価試験を実施したところ、以下のような結果を得られたとのこと。

  • 薄毛の原因とされる男性ホルモンを活性化する酵素「5α-リダクターゼⅠ型・Ⅱ型」の両方を阻害することを確認した
  • 男性ホルモン「テストステロン」で活性化するLNCaP細胞を用いた試験では、ウーロン茶エキスを添加することで細胞の増殖を有意に抑制することを確認した
  • マウス毛成長試験において、ウーロン茶エキスはテストステロン処置マウスの育毛を促進することを確認した

今後、リーブ21に限らず、様々な育毛関連企業がウーロン茶エキスを利用した育毛商品の開発に着手すると思われますが、現時点では飲むほうがいいのか、頭皮に塗布する方がイイのかもはっきりしないので、どのような形で商品化されるのか楽しみですよね。
「ちょっと待て、俺はウーロン茶をたくさん飲んでるけどハゲてるぞ」と言う方もいらっしゃるとは思いますが、恐らくウーロン茶で抑制可能な薄毛とは違うタイプの薄毛である可能性もあるので、それだけで今回の発表を否定することも出来ません。
今後の進展を今は見守りたいと思います。

ところで、ウーロン茶と言えば、脂肪の吸収を抑えたり、排出を促したりという効果がある事は昔から知られていますし、トクホにもなっていたりしますよね。
薄毛の要因に脂肪(=肥満)と言いうのは深い関わりがあり(当サイト「薄毛の人にメタボが多い理由」をご参照ください。)体に付いた脂肪を減らすということは、薄毛の解消につながる可能性があることもわかっています。

現時点ではまだウーロン茶成分を用いた育毛商品が出てくるのは先になりそうなので、まずはウーロン茶を飲んで体脂肪を減らすことからウーロン茶を飲む習慣を身に着け、あわよくばウーロン茶の育毛効果によって髪の毛が生えてくるようになればいいなという感じの利用でいいのではないでしょうか。

ただ、この発表によって「ウーロン茶が育毛に良い」というイメージだけが広まってしまったら、ちょっと髪の毛に不安がある人たちがウーロン茶を買いにくくなってしまうと困っちゃいますね(笑)
そうなっても薄毛に悩んでいる方には、めげることなくウーロン茶を飲み続けて欲しいと思います。

hage001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ